入れ歯治療

咬み合わせから使いやすさをコントロールする入れ歯治療

「左右の噛み合わせ」がフィット感の決め手です

入れ歯を使っていると、歯肉と入れ歯の間に食べ物がはさまってくることがあります。これは、歯肉と入れ歯が合わなくなってきているという危険信号です。その原因は、経年的にあごの骨の吸収が進み、歯肉自体がやせてきているからです。やせた分だけ入れ歯と歯肉の間にすき間ができ、入れ歯がフィットしなくなります。

あごの骨、そして歯肉がやせてしまう原因のひとつに、左右均等に噛めていないことが挙げられます。毎日の噛み方によって強く歯ぐきに当たる箇所とそうでない箇所が出てくると、強く歯ぐきに当たる箇所のほうが骨の吸収が進みやすいのです。骨の吸収が進むと歯肉がやせ、入れ歯のガタつきにつながってしまいます。また、入れ歯の歯の材料にはプラスチックの材料を使っていることが多く、片側噛みなどでいつも使う側の入れ歯が摩耗し、上下の高さが低くなってしまうために、噛んだときに入れ歯のガタつきがおこってきます。それがさらに粘膜の吸収を早めてしまうのです。

あごの骨の吸収、入れ歯のガタつきを防ぐには、今の噛み合わせに装着したときに左右均等に噛める入れ歯を作ることが重要です。そこで当院では、入れ歯治療の前に現在の噛み合わせを精密に記録するための「ゴシックアーチトレーサー」を使用しています。この装置は、上下左右前後の3次元的な下顎の噛み位置が寸分の狂いもない上下の模型を装着します。そのため寸分の狂いもなく噛み合わせがフィットする入れ歯をつくることができるのです。

入れ歯の完成度を決めるのは「型取り」です

入れ歯が合わなくなった場合、再度入れ歯を作製することになります。噛むときの圧力が均等にかかり、歯ぐきに吸い付くようにフィットして、離れない・ガタつかない入れ歯を作るには、「型取り」が非常に重要です。

たとえば、お口の中の形状や深さなどの型を取るときには、唇や粘膜の動きを妨げないように配慮しつつ、総入れ歯の床面(上あご・下あごに当たる部分)をできるだけ大きくすることが大切です。

筋、小帯(※)を避けて筋肉の動きをとらえながら型を取ること(○印の部分)と、入れ歯と歯ぐきの粘膜をぴったりと埋めるために症例に応じた型取り材(印象材)を選ぶことも重要です。

※頬・唇の内側の粘膜と歯ぐきの間に縦に走る細いひだのような部分

当院の入れ歯治療(総入れ歯)

「心臓が悪い」「脳梗塞」「糖尿病」「高血圧」等内科的な疾患でインプラント治療が怖い人、インプラント治療をした後の予後が悪い人、最小限度の処置で、より噛めるようにすることを考えた入れ歯の設計ができます。

作製における重要事項
ゴシックアーチトレーサー

歯のかみ合わせ位置を正確に把握して入れ歯を作製することで、よりその人にあった入れ歯を作ることができるのです。 また、正確に把握しないと、入れ歯を長く使うこともできませんし、顎関節の悪化にもつながります。

一切かみ合わせを調整していない入れ歯を装着している状態です。 上下の前歯があっていないのがわかります。入れ歯の奥歯がすり減って、かみ合わせが低くなっています。

上に描記針というものを装着し、下に描記板を設置します(ゴシックアーチトレーサー)。

歯を動かすことで、かみ合わせたときの歯の動きが把握できるようになります。

動きのポイントを絞ったところで、さらに正確な位置を把握するために、歯をカチカチと噛んでもらうタッピングを行います。

かみ合わせ位置を正確に把握した上で作製した入れ歯です。下顎位が非常に安定した位置で噛みあっています。

型取り

型取りは力の加圧加減が非常に重要なポイントとなります。粘膜に十分な圧力をかけて圧縮させる型取りが大事です。この点を注意せずに型取りをしてしまうと、入れ歯を装着して力を入れて噛みしめたときに初めて違和感を覚えることになります。

患者様一人ひとりの咬みあわせ、骨の量、残っている天然歯の状態などをトータルで判断して、将来的にバランスが悪くならないように考慮して型取りをしないと、本当にその人にあった入れ歯は作製できません。

上顎の図

※頬側(きょうそく)の粘膜が薄く、舌側(ぜっそく)の粘膜が厚いために、舌側の粘膜に圧力をかけて圧縮させて型をとらなければならないケース

一本一本の歯とその配置

上下の歯ぐきの対向関係、吸収度合い、顎の動きの角度など、症例によって一本一本の歯の噛まし方、並べ方、大きさを変えて配置していきます。顔の骨格、肌の色、年齢によって、使用する歯も異なってきます。

両側性均衡

入れ歯の咬頭嵌合位は、歯と歯から左右前方に顎をずらしたときに左右前歯の上下の歯が常に接触している状態です。左右どちらで噛んでも上下の義歯が転覆・脱離しにくいようにするためにとる咬合バランスのことを言います。

年齢・骨格・肌色に合わせた入れ歯を

男性か女性か、四角顔か丸顔か、あるいは肌の色や年齢などによって歯にも特徴があります。入れ歯の形状や位置は、思っている以上に表情や顔貌に影響をおよぼすもの。女性らしさや男性らしさ、その方ならではの雰囲気も考慮して、その方にあった形、色、大きさを追求し、歯を選んで配列していきます。もちろん、患者様のご要望もございますので、治療とともにどのような歯を使うかを決めていきます。

入れ歯に使う人工歯の型見本(モールドガイド)

入れ歯に使う陶歯の色見本(シェードガイド)

取り扱う入れ歯

テレスコープデンチャー

テレスコープデンチャーとは、はめ込み式の入れ歯金属の内冠を被せた残存歯に義歯を被せ、二重構造にさせたタイプの入れ歯の総称です。固定するための金属製のクラスプ(バネ)を使用しないため審美性に優れ、かつ安定感にも優れています。

  • 固定力が高く噛み心地に優れている
  • 審美性に優れている
  • 外れにくく咬み心地がいい
マグネットデンチャー

歯根と入れ歯に磁石を取り付け、強力な磁力で入れ歯を固定する入れ歯です。神経を除去したうえで、歯根が残っている場合に適用できます。

  • 硬いものもよく噛める
  • ずれにくい
  • 取り外しも可能とメンテナンス性に優れている
  • クラスプを使用しないため審美性に優れている
金属床義歯

口腔内の粘膜に接触する部分(床)が金属製の入れ歯で、床部分を薄く作製できます。ゴールド、コバルトクロム、チタンなどを使用します。

  • 装着感がよい
  • 熱伝導率が高く飲食物の温度が伝わりやすい
  • 耐久性に優れている
  • 雑菌や汚れがつきにくい
入れ歯治療 治療例
1.インプラントを使用した入れ歯(最小限の侵襲で最大の効果を得るような設計もあります)

部分入れ歯

上顎前歯が残っていて、下顎は左下8番のみ残存するケースのため、噛むと下顎前歯に非常に強い力がかかってしまい、頻繁に下顎の歯肉に炎症を起こしていました。治療として、下顎に4本のインプラントを入れ、下顎入れ歯前歯部にかかる力をインプラントによって負担することにより、全体のかみ合わせのバランスを安定させました。

総入れ歯

下顎が難症例のケースです。左右の臼歯部の顎骨の吸収が著しく、食事の度に下顎の義歯が浮き上がり、内面に食べた物が入って食事が出来ない状態が続いていました。下顎前歯部に4本インプラントを埋入し、バーで繋ぐことによって入れ歯がバーに固定され、食事中も安定して食べれるようになりました。

2.ストレスブレーカー(感圧装置)

女性の患者様の症例です。機能性を考慮して、天然歯の上にゴールドを被せ、その上に入れ歯を装着する予定でしたが、入れ歯を外したときにすべてゴールドになってしまうため、女性として審美面であまり好ましくないというご意向でした。

ただ、ゴールドの代わりにセラミックを使うと、審美性の問題は解決できるものの、機能性という点で、かみ合わせの力により、いずれセラミックが割れるというリスクもありました。そのリスクを回避するために、入れ歯自体にスリット(切れ目、図参照)を入れ、直接前歯のセラミックへの力が遮断されるように工夫しました。こういった残存する歯の中で、一番欠損寄りの歯になるべく負担をかけずに力を逃がして、残存歯の寿命を長く保つ為に使う加圧装置(ストレスブレーカー)です。

上下総入れ歯製作の出張診療を行います

今までに、来院されている患者さんが体調不良で入院されたり、通院できなくなった患者さんの入れ歯を造りに往診したことが3症例ありました。皆さん非常にお元気になられたことにびっくりしました。
もし、ご家族やお知り合いの方で入れ歯が合わずに困っている方がおられれば、お電話でご相談していただきたいと思います。
上下総入れ歯の方であれば、往診にて入れ歯の作製をさせていただきたいと思います。

〒543-0033
大阪府大阪市天王寺区堂が芝1-11-10 
メディカル堂ヶ芝1F 豊田歯科医院
Tel 06-6771-9616

入れ歯治療紹介

メール相談サービス

このページの先頭へ