審美歯科治療

審美性だけではない精密な審美歯科治療

審美歯科治療とは

金属製詰めものから白い詰めものへの変更、前歯のすき間の改善など、審美性に優れた素材を使用したうえで咬み合わせなどの機能性も高めるための治療を審美歯科治療と言います。見た目だけでもなく、機能だけでもない、口腔内の総合的な回復を目指します。

近頃、歯をなるべく白くしたいという傾向が見受けられますが、審美性とはただ人工物の歯を装着すればいいというものではなく、見た目の色と形、配列などが天然歯のような色調、形態に回復され、かつその歯が機能的に問題なく咀嚼運動を行えるものでなければいけません。素材で見ると、天然歯や金属は歯石やプラークがつきやすいのが難点であり、セラミックは表面にブラッシングこそ必要であるけれども、プラークや歯石が付着しにくい表面性状になっています。そのために、セラミックのセット後に周囲の歯肉の状態が良い状態に回復することが多くあります。

当院の審美歯科治療方針

セレックシステム(セレック3)
  • 最新CAD/CAM技術を用いたオールセラミック治療

当院では、インレー、クラウンの最新システムである、セレック3を導入しています。

セレック3のメリット

セレック3は、従来の歯科技工物の修復工程とは全く異なります。光学カメラによる撮影にて歯型を採取し、コンピュータを利用した設計・製造装置(CAD/CAM)を使用して、その場でセラミックの被せ物を作製できる最新システムです。

その日のうちにオールセラミック修復が可能で、従来のように、型取りをしてから修復物の完成まで日数を待つ必要がありません。時間の短縮はもちろん、精度や耐久性、審美性においても、従来の治療法より優れた修復を行うことができます。

治療の流れ
(1)3D光学カメラによる印象採得(型取り)
修復物を装着する部分を3D光学カメラで撮影します。これまで使用していた、シリコンラバーなどの印象材による型取りは必要ありません。また、修復物はその場でできあがるので、仮歯を入れる必要もありません。
(2)3D画像で修復物の設計・修正
モニター上にて、360度あらゆる方向から歯と修復物の適合を確認しつつ設計を行います。上の歯との噛み合わせや隣接する歯との接触なども細かくチェックします。
(3)ミリングユニットによるセラミックブロックの自動切削
設計データを基に、ミリングユニットが自動で正確な修復物を切削します。わずか十数分で削りだしは終了し、すぐに口腔内に装着できます。
高い精度と優れた耐久性

従来の金属・セラミック修復では、鋳造時にわずかながらも不純物の混入、合金の質が均一にならないための強度の低下、加熱・冷却することによる元の型との微妙なずれといった問題がありました。

セレック3は、3D画像による精密な設計データを基に、非常に品質が安定したセラミックブロックを直接削り出して修復物を作製するため、精度が高いのが特徴です。土台となる歯にぴったりと接合し、従来のセラミックと比較して適度な硬さに調節できるため加圧による破損(欠けたり)が起きにくいといった優れた特徴も持ち合わせ、その残存率はゴールドと同等という臨床結果も出ています。

15年後のセレック3の残存率は約93%、ラボ製セラミックインレーでは68%

短時間で高い審美性を確保

セレック3なら、短時間で審美性に優れたオールセラミック治療が完結します。セレック3のセラミックは明度や半透性な色調が天然歯に似ており、カラーシェード(色)も多様なので、その他のセラミックのように後から色づけ(ステイニング)する必要がほぼありません。加えて研磨しやすい素材であるため、インレーであれば削りだしが終わった時点で、艶だし加工した修復物にも劣らない表面仕上がりとなります。

メタルフリー治療

当院では、金属を使用しないメタルフリー治療を審美歯科治療の基本方針としています。金属の使用は審美性を損ねるだけではなく、長年の装着によって金属アレルギーを引き起こすリスクをはらんでいるためです。

金属使用による影響(1) アレルギー症状

金属のインレー・クラウンの影響で皮膚トラブルや口内炎、頭痛、不眠といった症状を訴える方は少なくありません。その他にも、味覚障害や舌の痛み、口腔内粘膜の刺激痛、アトピー性皮膚炎、倦怠感、イライラ、冷え性、自律神経失調症、慢性疲労、不妊症、うつ病などさまざまな症状が金属アレルギーの影響として考えられます。

金属使用による影響(2) 内部での虫歯の進行

金属と歯のすき間から細菌が入り込み、内部で虫歯を再発するケースがあります。しかし金属は虫歯になっても取れにくく、虫歯がかなり進行して痛みを覚えるまで気づかないことがほとんどです。

金属アレルギーにお困りで、セラミックのインレー・クラウンに交換したいという場合、アクセサリーなどの身につける金属と口腔内の金属においてどれがアレルギー原因物質となっているのかを皮膚科などで検査していただき、原因になる金属元素、アレルギーによる金属原因がわかった段階で口腔内の全ての金属を取り除き、セラミックなどの修復治療を行います。

保険治療の詰めもの・被せものの注意事項

保険治療による技工物は、長年の使用によって摩耗や欠損といった劣化が起こりやすくなります。また、金属表面が酸化されることにより口腔内で金属の溶解が起こり、場合によっては金属アレルギーの発症になります。さらに、歯との間にわずかなすき間ができることで、二次カリエス(虫歯の再発)といったリスクも高まります。セラミックであれば、審美性もさることながら、高い耐久性によって長期にわたる安定的な使用が可能です。

当院の審美歯科治療

対応する技工物
効率よりも長年の機能性を重視

当院では、さまざまな症状、ご要望をお持ちの患者様に最適な治療をご提供できるよう、多様な素材・技工物をバランスよく取り扱っています。

たとえば

  • 強度性を重視される方には「ジルコニア」
  • 審美性、機能性を重視される方には「e-max」
  • 精密性、審美性、機能性を重視される方には「ゴールドフレーム」の上に「e-max」

といったように、複数を組み合わせた治療も検討します。たとえ手間ひまがかかったとしても、適合のよさや長期間にわたって快適かつ機能的に使い続けるには、綿密なプランニングの上でこのような治療をご提案します。特にブリッジの治療は技工物にかかる負担が大きいため、より入念に検討します。

口腔内でセラミックの強度が半分に落ちることが解明されました。その為に、従来のセラミックは口腔内で欠けたり、割れたりすることが多く最近のセラミックはその点を改良され、従来の2倍の強度が保たれています。

e-max インレー クラウン

白いセラミック素材のなかでも、高い強度を誇る素材が「e-max」です。従来のオールセラミックであれば数年で強度が落ちてしまうことがありましたが、e-maxは従来の2倍程度、天然歯と同じような硬さと強度を誇り、さらに柔軟性も持ち合わせているため、強い力がかかっても破折したり対抗歯を傷めたりすることがありません。長く快適な使い心地を保てます。

ラミネートベニア(前歯用クラウン)

前歯専用のつけ爪のようなセラミッククラウンです。前歯に装着することで前歯のすき間や歯の変色、歯並びなどを改善(部分的に)できます。

ファイバーコア(補強用の土台)

虫歯治療によって神経を除去した歯に用いる、歯を補強するための土台となるのがファイバーコアです。コアには金属製とファイバー製があり、ファイバー製は金属製と比較して人生に優れ、歯根へのダメージが軽減されています。また、素材そのものが半透明であるため仕上がりが自然で、経年による歯ぐきの黒ずみなども起こりません。

ゼオメタル87

当院ではメタルフリー治療を基本としていますが、ご希望の方には金属素材による治療もご提供しています。このゼオメタル87は、HV220という優れた硬さを持つ金87%、プラチナ11%の金属です。金属の中でも4元素というシンプルな組成構造であるため、金属アレルギーのリスクが低いのが特徴です。

管理医療機器 認証番号 221ACBZX00043000

主な用途:単冠、ブリッジ NET.10g

審美歯科治療 治療例
  • 術前・上の歯ぐきがやや黒い
  • 術中
  • 術中
  • 術中・グラスファイバーに変更 歯ぐきの色も改善
  • ①術前・前歯の表面と、②前歯横の歯にオールセラミッククラウンを入れる
  • 歯の表面に薄いラミネートべニアを装着 両横にはオールセラミッククラウンを装着

しみにくい、効果を実感しやすいホワイトニング

ホワイトニングとは

歯の内部に沈着した色素を分解することで、白く明るい歯にする処置です。歯の表面を削ることもクラウンなどを被せることもなく、歯への負担を抑えながら理想的な白さを手に入れられます。飲食物や加齢などの黄ばみを手軽に改善できるとして、女性を中心に高い人気があります。

当院のホワイトニング

施術
オフィスホワイトニング 当院にて行うホワイトニングです。歯に濃度の高い薬剤を塗布し、特殊なレーザー光を照射することで漂白作用を促進し、歯を白くします。1回15分を1日2回行うことで、1回あるいは数回で白さを実感できます。ただし、歯肉への影響によっては施術ができない場合があります。
歯ぐきの変色

喫煙などの生活習慣や歯周病などの影響で黒ずんだ歯肉を、レーザーによって健康的なピンク色へと改善します。歯肉のメラニン色素を除去することで、負担なく変色を解消します。

上と下の歯ぐきを比べてください

レーザー照射のため負担がありません

使用機材・設備「PYRENEESピレーネ & COSMO BLUEコスモブルー」

歯にやさしいホワイトニングシステム

過酸化水素水濃度が3.5%でしみにくい

通常のホワイトニングに使われる薬剤の過酸化水素水の濃度は約30%で、しみることもありましたが、このピレーネの濃度は3.5%ととても低いためほとんどしみることがありません。

特定の波長の光照射で自然な白さに

過酸化水素の濃度が低い薬剤のみでは十分な漂白効果は見込めませんが、特定の380~420nmの光を照射することにより、効果的な変色の除去が実現します。

pH6.0と弱酸性でエナメル質を傷めない

pH5.5以下になると歯のエナメル質の主成分であるカルシウムが溶け出してしまいますが、ピレーネは弱酸性のため歯のエナメル質を傷めず、歯と歯肉への負担が軽減されています。

エナメル質の表面をほとんど傷めることなく漂白するので、色の後戻りも少ないのが特徴です。

歯や歯肉への負担が軽く一度に多くの歯に治療を行えるため、短期間で白い歯を手に入れることができます。

術前 可視光線照射器(コスモブルー)を用いて光照射を行います 術後

注意事項
  • 差し歯などの人工歯は白くなりません
  • 薬物による着色には効果がありません
  • 神経を除去しており金属のポストが入っている方は施術できません
  • 妊娠中・授乳中の方はお控えください
  • 虫歯、歯周病、知覚過敏の方は先にそれらの治療を受けていただく必要があります
  • 施術後は歯がしみたり痛みを感じたりすることがありますが、多くの場合は数日で収まります。もし痛みなどが長引いたり耐えられないようだったりする場合はご相談ください
  • 施術当日から翌日にかけては、喫煙やコーヒー・紅茶・ワイン・カレー・キムチといった色素の濃い飲食物の摂取はお控えください

このページの先頭へ